ブルーノ・ラージュ効果

1月にベンフィカは監督交代という博打にでましたが、Bチームから昇格し、暫定監督かと最初は疑いの目を向けられていたブルーノ・ラージュは近年の成功の鍵であった4-4-2への回帰で結果を出し、疑いの目を払拭しました。特に、2月10日のホーム、ナシオナル戦では10 -0で快勝。

30秒ほどで絶好調の左SBのグリマルドがセフェロヴィッチとの連携から抜け出し冷静にゴールマウスに沈めたのを皮切りに、セフェロヴィッチ×2、ジョアン・フェリックス、ピッツィ、フェロ、ルーベン・ディアス、ジョナス、ラファ、ジョナスという8人がゴールを決めるという爆発力をみせました。ハイライトはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=K8bRh-saOf4&feature=share

冬の移籍市場では選手の放出のみで獲得はなし。そう考えると監督のラージュの効果と考えるのが妥当でしょう。今日は、ベンフィカの変化についてタラタラと述べていきます。4-4-2で中盤センターの枚数が1枚減り、その分CFの枚数が増えました。

現状では、GKヴラホディモス、A.アルメイダ、ルーベン・ディアス、フェロ(ジェルデウは負傷中)、グリマルドの4枚のDF、底にサマリス(フェイサは負傷中)とガブリエル、右にピッツィorサルヴィオ 、左にラファorセルヴィ、CFにセフェロヴィッチとSTにジョアン・フェリックス。クラシカルな4-4-2です。ただ、FW2枚は縦関係で攻撃時やカウンター時にフェリックスはトップ下に入ります。

ハイラインとハイプレスの意思統一が徹底されており、しっかりと2トップのセフェロヴィッチとジョアン・フェリックスが相手両CBにプレスをかけ、サイドにボールを蹴らせ、そこに両サイドも連動します。基本的に中盤センターの2枚でボールを奪取し、ガブリエルが奪った場合には、1本のパスで左サイドを駈け上がるグリマルドやラファを活用、相方のサマリスが奪った場合はシンプルに捌くこれが中盤からの組み立てです。

最終ラインにルーベンとフェロの若手コンビが入った場合には足元の技術が高く、組み立てにも意欲的なので、裏を狙うセフェロヴィッチや飛び出しの得意なラファに早いタイミングで入れることもあります。セフェロヴィッチが受けるとジョアン・フェリックスやピッツィがボールを受け、細かいパス交換で中央を攻略するも良し、上がってくるSBを使うも良し。RV政権のCFめがけてサイドから高いボールを放り込むサッカーと比べて遥かに進歩したとも言えます。

新たにフェロ、フロレンティーノ・ルイス、ジョタなど足元に秀で、Bチーム時代に監督の指導を受けた教え子たちがしっかりとデビューを果たし、先発で好パフォーマンスを見せ、安泰と思われていた先輩の座を脅かしているのも、新監督の効果でしょう。

ELのガラタサライ戦に至っては、スタメン11人の平均年齢は22.9歳、30代の選手はゼロでした。若手に経験を積ませながら勝ち点を積み重ねていってくれれば、何も文句は言えません。

ジャルデウ、ジョナス、フェイサなどの重鎮と若手を上手く使い分け、リーグ奪還、EL制覇、ポルトガル杯優勝を期待してます。

5月に優勝パレードいけますように。余談ですがこれだけ短期間でチームを変え、結果を残している若手監督をハゲタカが放っておくはずもなく敏腕代理人のメンデスが顧客にしようと接近している模様です。

フロレンティーノ
フェロ

以上。ブルーノ・ラージュに監督が交代してから色々上手く行き過ぎていて何だか不安な気もしていたり。

E PLURIBUS UNUM

Benfica Sempre

RECONQUISTA

#ninguemparaofujita #FormarAGanhar

Jumpei Fujita


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)