2018年私的10大ニュース

2018年も残す所数日になりましたね。本年は大変お世話になりました。新年も宜しくお願い致します。今年のサッカー、フットサル、ベンフィカ、ポルトガルという観点から独断と偏見にまみれた10大ニュースで振り返ろうと思います。順番が振ってあるように感じられますが、特に深い意味はございません。

①フットサルポルトガル代表の欧州制覇。2月にスロベニアで開催されたFutsal Euro 2018でポルトガル代表が念願の国際タイトルを獲得しました。1試合だけ現地に観戦に行き日本の方にも馴染みの深いリカルジーニョさんに再会し、選手はもちろん、監督やスタッフ、取材に来ていたジャーナリストの方々にも良くして頂き、しまいには、ジョアン・マトス、ゴレイロのべべに全選手のサイン入りのユニフォームを頂いてしまいました。代表の国際大会を観るのは初めてでしたが、良き思い出となりました。2020年のワールドカップは名古屋ではなく、リトアニアに決まりましたが必ず応援に駆けつけます。

②2020年東京五輪への出場をかけた大会、U−21Euroへの出場権を土壇場で逃してしまったU-21ポルトガル代表。才能豊かな選手達のプレーを日本で見られないのは残念で仕方ありませんが、それもサッカー。フル代表に1人でも多くの選手を送ることでリベンジを果たして下さい。

③ルイ・ヴィトーリアの残留。監督解任、続投にファンがゆれた10月、11月。結果的に会長の賭けは当たったように思えます。ジェズスの復帰がなかったのは朗報?

④偉大な背番号4ルイザォンの引退。ベンフィカの歴史において最多タイトルを獲得した重鎮がスパイクを置くことになりました。シーズン途中の引退はファンとしては残念でありませんが、クラブの顔として新たな活躍を願っています。将来的に指導者としてチームをもっと近い位置から導いてくれるのを楽しみにしています。

⑤5月にベンフィカは5連覇(テトラ)を逃しました。2016-17シーズンの主力が抜けたものの、大駒の補強はなく、守備陣の崩壊を立て直すことが出来ず、憎っくきポルトに悔しい思いをさせられました。18-19はレコンキスタ(奪還)のシーズンとなりますように。来年こそ5月にマルケスに行かせて下さい。

⑥66番のルーベン・ディアス(今季から6番)がポルトガル代表デビュー。ワールドカップのメンバーに滑り込み。出場機会があったらなぁ。ポルトガル代表のDFを10年引っ張る逸材なので、大事に育てて下さい。

⑦ 79番のジョアン・フェリックス、73番のジョアン・フィリペ(ジョタ)のトップチームデビュー。ルイ・ヴィトーリアが監督であることのメリットが現れた2人のアタッカーのAチームデビュー。前者は10番タイプ、後者は典型的なウイング。いずれにしてもここ数年のうちにトップチームでばりばり活躍してくれるはずなので、ご注目下さい。

⑧83番ジェドソンの躍動。ベンフィカのゴールデンボーイ、ジェドソン・フェルナンデスが躍動した1年でした。U−20代表として17年に来日してから1年でベンフィカのレギュラーになり、ポルトガル代表にまで登りつめました。これからどこまで伸びるのかが楽しみですね。1月にユニフォームを買って試合を観に行きます。私のことを覚えてくれているといいなぁ。

⑨U-19のポルトガル代表がユーロでイタリアを下し、欧州王者に輝きました。フロレンティーノ・ルイス、ゼ・ゴメス、ジョタなどが出場し、U-17に続き連覇を成し遂げました。

⑩10番ジョナスが34ゴールで17-18シーズンの得点王に。グダグダな昨シーズンのベンフィカで一人気をはいたブラジル人ストライカー。今季は移籍の噂に振り回されてものの、結果的には残留、怪我に苦しむも1試合1ゴールのハイペースでネットを揺らし続けています。これからも「永遠の10番」としてファンを喜ばせてくれることでしょう。引退は是非、ポルトガルでお願いします。

以上になります。これからもベンフィカ、ポルトガル代表を一緒に応援していきましょう。

E PLURIBUS UNUM

BENFICA SEMPRE

CARREGA Portugal

Feliz Ano Novo‼︎

ベンフィキスタの旅(告知)

1月1日に日本を発ち約1週間程ポルトガルに行ってきます。ポルトガル旅行とは名ばかりで、リスボンにずっといるつもりですが笑。一応試合の観戦予定は、次のようになっています。

1月2日にポルティマオンで中島翔哉選手の所属するポルティモネンセとベンフィカの試合がありますが、到着直後かつ、ベンフィカサポーターはアウェイ側でないとグッズやユニフォームを着用できないので断念しました。またベンフィカBには会いたい選手がいるもので笑。

1月2日 ベンフィカB−ヴィゼウ

     3日 未定

     4日 未定

     5日 ベンフィカーエレトリコ(フットサル)

           orベンフィカ–スポルティングCP(U–19)

           orコヴァ・ダ・ピエダーデ–ベンフィカU-23

     6日 ベンフィカ−リオ・アヴェ

     7日 未定

     8日 午後便で帰国

試合日程や時間がしれっと変わるのはポルトガルの日常なので、もっと見られる試合はあるかもしれませんが、7日で3試合ならまずまずでしょう。

加えて、可能であればFPF(ポルトガルサッカー連盟)の施設に遊びに、女子フットサルの練習or試合を観に、友人のポルトガル人作家が催しているベンフィカの歴史を巡るツアーに参加しようと思います。ポルティモネンセ–ベンフィカの試合当日or翌日の新聞が欲しい方等がいらっしゃいましたら手配します。

Carrega Benfica!!!

E PLURIBUS UNUM!!!

Benfica Sempre!!!

Jumpei Fujita