ベンフィカ開幕スタメン予想

ベンフィカの19-20シーズンの最初の公式戦が約2週間後に迫ってきました。スーペタッサ(いわゆるスーパーカップ。リーグ戦王者対カップ戦王者)の対戦相手はスポルティングCP。中立地で一発勝負です。

プレシーズンの試合を3試合ほど見て少しずつチームの姿や新加入の選手の特徴がわかってきたので、スタメン予想でもします。

こちらがスーパーカップのスタメン予想。

 

 

この11人。

昨季の4-4-2は維持し、J.フェリックスが抜けたセカンドトップの位置にはタイプか違う新加入のR.D.T.(エッヒ・デー・テー)ことラウール・デ・トマスが入ることを予想。プレシーズンで結果を残し、昨季の得点王セフェロヴィッチとの2トップに。デ・トマスはリマのように誰とでも組めそう。

中盤はお馴染の4人。右のピッツィは説明不要。中盤はガブリエルがキープ力と左足の展開力を生かし左右に振る、サマリスorフロレンティーノがスペースをカバー。左のラファは油断していると新加入のカイオにポジションを脅かされる可能性もあり。ラファ、カイオがハーフスペースに入る回数が増えると危険に。

DF人もあまり変わり映えせず。グリマルドがなんだかかんだ残留しそうなので左はスペイン人が。ただ、19歳のヌーノ・タヴァーレスも非常に良い。馬力があり、クロスの種類も豊富。右足は棒じゃない。

CBはルーベンとフェロの97年組。

 

GKは不動のヴラホディモス

残りのメンバーはこんな感じ。

 

以上。スタメン予想とフォーメーションでした。新加入選手は次回まとめます。

E PLURIBUS UNUM 

Rumo ao 38! 

Benfica Sempre! 

Jumpei “Japa” Fujita

優勝パレード②

ベンフィカが優勝してから約2カ月。既に19-20のプレシーズンに入っていますがレコンキスタとなった18-19シーズンを振り返りきれていません笑。優勝パレードの続きを備忘録的に残しておきます。

 

優勝パレードはマルケス広場だけではなく、リスボン市庁舎で数日後に行われました。まずは手荷物検査。

平日の18時〜にチームバスが到着するというスケジュールでした。

広場には見渡す限りベンフィキスタ

 

E PLURIBUS UNUMはクラブのモットー。One for All, All for Oneの意。

 

BENFICA ATÉ MORRER「死ぬまでベンフィカ」。

 

二大ウルトラスの一つ、ディアボス・ヴェルメーリョス(赤い悪魔)の旗。

 

信号にまたがる人。こんな使い方があるんだね!

 

チームバスが到着。

 

選手がバルコニーにお目見え。

 

突き抜けるような青空。

こんな感じでした。以下はおまけ。選手の到着を待つ間にBenfica TVのインタビューを受けました。友達が根回しをしてくれたみたいです。ブラジル人のヴィトール、日本人の私、ポルトガル人のジョアンが喋ってます。7637A516-2E6D-4961-9CBC-861CA62638D4

 

動画をスクショ。念願のBTVデビュー。

 

こんな風にインタビューは行われていました。

 

以上。マルケス広場も良いですが、こっちはよりフォーマルで時間的にも楽でした。

E PLURIBUS UNUM

Reconquista 37

Rumo ao 38

Jumpei “Japa” Fujita

優勝パレード①

ベンフィカが優勝してから1カ月以上経ち、既に19-20のプレシーズンに突入しました。リスボンで優勝パレードを体験してきたのに未だアップ出来てないので、備忘録的に残しておきます。

マルケス広場
37度目のリーグ優勝
お決まりの発煙筒

ベンフィカのマルケス広場での優勝パレードはこのような感じです。

時期も不確定ですが、ベンフィカが好きなら一度は言ってみては。以上。

E PLURIBUS UNUM 

RECONQUISTA37

Campeão Voltou 

RUMO AO 38

Jumpei Fujita